増える子育て支援型マンションとは?

子供の教育費を稼ぐために仕事のしやすさなどを考えるほか、子育てに適している街であるかどうかも重要なポイントになってくると思います。最近では、新築マンションの差別化要素などとして既存マンションよりも立地面では追いつけない側面もあるせいか、共用設備や子育てサポート面をアピールした物件もありますね。

東京墨田区では、「すみだ子育て支援マンション認定制度」という精度・基準を設けている地域もあり、参考までに見ていくと…

認定の基準とは 墨田区公式ウェブサイト

・指を挟みにくい蝶番、ドアクローザー、引き戸等の採用
・浴室扉への外鍵設置等の有効な対策
・台所等へのチャイルドフェンス設置等の有効な対策
・コンセント位置の配慮等の有効な対策
・柱の面取り加工等の有効な対策
など

といった具合に、住戸内の仕様に限って言えばオフィス用品やホームセンターなどで後付けで手を加えても対応できそうな仕様も、そこそこある感じでした。例えばコンセントの位置に関する項目がありますが、コンセント感電防止カバーのような物は市販されていますので。引き戸に変更する場合でも簡単なリフォームで実現可能な場合もあります。

新築一戸建てや大幅にリフォームを考える際には設計事務所のホームページや上記のような自治体の子育て支援のチェックリスト等を活用する事で、子育て期間中も老後や拡大家族になった場合にも価値ある住宅を検討してみると良いかと思います。

子育て支援タイプの住戸仕様を確認してみよう!
子育てに向く家は老後の住宅として事故防止に役立つ事も
家の間取りや設備だけでなく、周囲の環境も重要!

失敗しない賃貸物件探し23のコツ
家賃は実は交渉して安くできる可能性がある事を知っていましたか?上手い賃貸探し方を学んでみましょう